「D-air®」搭載エアバッグ製品の着用方法について

作成日 2020年7月10日
By 鈴木(スズキ)

D-air®を搭載した製品を着用する際には、モデルにより若干の操作が必要となります。また電源のオン/オフの仕組みなど、事前に確認しておくことをおすすめします。

ここでは、実際にご購入頂いたあと、どのように製品を着用するのかについて解説します。

なおすべての製品は着用の前に、アフターサポートを受けるためのカスタマー登録が必要となり、専門スタッフが製品固有のシリアルナンバーとお客様情報を控えます。

日本国内の正規販売店以外でご購入頂いた製品については、アフターサポート(起動後のエアバッグ交換含む)の対象外となりますので、かならず正規販売店でお買い求めください。

1. レーシングスーツの着用方法について

これは最も簡単で、お買い求めいただいたあとは、スーツを着るだけです。特別なことは何もありません。
首のフラップがスイッチのオン/オフの役割を果たしますので、必ずつけましょう。

フラップのボタンでオンオフD-airとかかれたフラップにボタンがついており、ボタンをつけるとLEDが光り使えるようになる。

レーシングスーツ「Misano」のプロモーション動画では、フラップをつけた時の様子がお分かりいただけます。

 

2. ジャケット・ベストの着用方法について

D-air® Racingとは異なり、D-air® Apps を使ったアクティベートが必要です。

最初のアクティベート作業USBの挿入ポートは商品によって異なるが、初回登録時には名前、メールアドレス、生年月日などを入れる。
登録したメールアドレスには、ファームウェアのアップデート通知などが送られる。

なおこの作業については、ダイネーゼストアでお買い上げの場合には、全て担当スタッフが対応いたします。

アクティベート後は、エアバッグ本体にあるマグネット式ボタンをカチッと閉じると着用完了です。

エアバッグを起動させるボタン

ジャケットに袖を通した後のマグネットの取り付けなどは、以下のチュートリアル動画でもご確認いただけます。

 

 

ベスト型のスマートジャケットも同様ですが、その特性上、製品をウェアのインナーとして着たり、アウターとして着たり、様々なウェアと組み合わせることができます。

ダイネーゼジャパン公式サイトのスマートジャケットの特集ページでは、以下のような着こなし方の写真をいくつか紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

エアバッグベストをアウターとして着用エアバッグベストをインナーとして着用

さらに「D-air®」について知りたい方は、すべてをまとめた以下の記事をおすすめします。
バイク用エアバッグ「D-air®」 その仕組み、選び方、プロテクション性能を解説

 

関連サイト

 

Tags: モーターサイクル, D-air®(エアバッグ)

特集記事Topへ戻る

最近の記事