サーキット走行での必須アイテム 『D-RIG WHEELED BAG』 必要な物は全てこのキャリーバッグへ。

作成日 2020年8月25日
By 加藤(カトウ)

サーキットを走りたい!!その為に念願のダイネーゼでスーツ、グローブ、ブーツにAGVのカーボンヘルメットを購入。ウェアの準備は完璧なはずなんですが…

サーキットに到着してからこれらのウェアを車から、または宿泊施設から持ち運ぶのは結構大変なはず。

そんな時に便利なキャリーバッグがコチラ。

D-RIG WHEELED BAG ¥59,290(税込)


1-4

レーシングスーツ、ブーツ、グローブはもちろん、ヘルメットすらも軽々と収納できる懐の深い作りに加え、ミドルからスモールサイズの収納ポケットも多数装備した、使い勝手のよい一品です。バイク用のみならず旅行ようとしても抜群の扱いやすさに仕上がっています。

 

4-2

1997年アメリカで誕生したOGIO とのコラボアイテムとなります。洗練されたデザインと、容量123Lの見た目は、個性豊かな他のダイネーゼ商品達にも引けをとらない存在感。

 

2-3

メインの収納部はこのような感じに。「蓋」となる部分の裏側にも多数のポケットを装備。そして実際にウェアを収納すると…。

 

6-1

今回はレーシングスーツではなくレザージャケット、レザーパンツ、前後プロテクター、レーシングブーツを収納。ヘルメットの下に仕切りがあるのがおわかりでしょうか。これくらいギッシリ詰まっていると無くてもよいかもしれませんが、ジャケット、パンツのサイズが小さいものであれば、スペースに余裕がでますので、この仕切りが役に立ちます。

 

5-2

これだけの荷物量ですとやはりそれなりの重さにはなってくるのですが、持ち手は掴みやすく、伸縮式となっておりキャスターの滑らかな回転で、女性の方でもストレスフリーで、簡単に持ち運べます。

 

SLED(Structural Load Equalizing Deck)となづけられたこのキャスター。特別にデザインされたホイール設計により、優れた耐久性と安定感、スタイリッシュなシルエットを持ち、タフな状況にも耐える強度を併せ持ったOGIO独自のシステムです。

 

20200825_142125

移動中はこの縦むきとなるので、恐る恐る(笑)ファスナーを開けてみるとこんな感じに。前後のプロテクターはグローブの奥側にも収納スペースがあり、そこに綺麗に納まっています。

※無いとは思いますが、縦向きでファスナーを開けるときはくれぐれも荷物の雪崩にご注意ください(笑)

 

サーキットにも旅行にも大活躍間違いなしの一品です。また追加入荷の少ない大変貴重なものとなりますので、レーシングスーツ購入やサーキット走行を検討中の方は是非ご検討くださいませ。

それでは~。

Tags: バックパック, モーターサイクル, レザースーツ, アクセサリー・小物, レーシング

広島ブログトップへ