GORE-TEX ジャケットとD-airシステムが融合!『CARVE MASTER 2 D-AIR GORE-TEX® JACKET』

作成日 2019年9月11日
By 加藤(カトウ)

GORE-TEX JACKETとD-airシステムが一体化したジャケットが登場しました。ツーリングウェアの防水性と温度調節機能に、独自のレーシングフィットが融合。また、モーターサイクリストのための最先端エアバッグシステムであるDainese D-air®が誇る最高のプロテクションを組み合わせています。

CARVE MASTER 2 D-AIR GORE-TEX JACKET ¥196,900(税込)

最新のバイク用エアバッグシステムを搭載したことで、最高水準のプロテクト性能を持ち、様々な悪天候や環境にも対応できるジャケットに仕上がっております。

 

今までのエアバッグ搭載モデルは、ジャケット内部にベスト型のエアバッグを取り付ける形でしたが、第三世代と呼ばれるこのモデルではジャケット内部にエアバッグシステムが組み込まれております。別体のベストを取り除いたことで大幅な軽量化を実現しています。右側の白い物体が実際のエアバックとなりますが試着しても異物感やゴワツキもほとんど無くまた、装着時のシルエットもスッキリとしたものになり通常のプロテクターと同じような感覚でご使用いただけます。

 

エアバッグの起爆する条件として従来品は、10㎞以上の速度で 45°から145°の間での車への衝突、ハイサイド、 ローサイトという3パターン があったわけですが、それに加え今作は停車中の衝突にも対応することが可能となりました。例えば信号待ちでもエンジンを切りさえしなければ、エアバッグは作動するよう設計されていますので、抜群の安心感が得られています。

 

こちらはエアバッグが起爆した状態の画像です。マイクロ・フィラメントという特殊な線維が使用され起爆時にはどの部分でも5㎝均一で膨張致します。その為どの部分に衝撃を受けても同じ衝撃吸収性が御座います。車のエアバッグとは違い外部の衝撃から胸、首、鎖骨をしっかりと保護致します。

 

こちらのジャケットは二色展開となっております。伸縮性、強度に優れたMugelloファブリックをメインの素材に使用し、丈夫でありながら動き易いジャケットに仕上がっています。

 

両側の腰、胸には巨大なベンチレーションが設置されています。冬物ではありますがジャケット内部のインナーを外してこの部分を開けると新鮮な空気を取り込めます。

 

二の腕、ウエストは身体にあわせて絞り調整可能。

 

背中側腰付近には防水ポケットを装備。大きめの財布や携帯等もスッポリ収納できる大きさとなっております。

 

ジャケット内部に御座います、保温インナーは軽量で、肌触りも良いうえデザイン性も高くジャケットから取外し、単体での使用も出来ます。

 

腰両側にもポケットが付いておりますので、ツーリングの休憩中等も大変便利です。

 

全てのライダーに最高水準のプロテクトを与える事の出来るワイヤレスエアバッグシステムD-air。是非、一度広島店でお試しください。

それでは~。

 

 

 

Tags: ジャケット, ツーリング, モーターサイクル, 秋冬向け, D-air®(エアバッグ)

広島ブログトップへ