警視庁白バイ隊員も使用するスマートジャケットを改めてご紹介します。

作成日 2023年10月18日
広島店LINE
By 加藤(カトウ)

MotoGPで使用される最も先進的なダイネーゼD-air®エアバッグシステムを搭載したスマートジャケット。

昨年、警視庁白バイ隊員を守るプロテクターとして、正式に採用され、その信頼性は更に向上しています。

エアバッグ製品の発売から8年ほど経過しましたが、その中でも最高の販売数を誇るスマートジャケットですが今回は改めてその魅力をお伝え致します。

SMART JACKET 

3-Sep-15-2023-06-59-38-6765-AM

・安全性能

まずやはり、気になるのは安全性能。

エアバッグといってまず、イメージするのが、車で採用されているものではないでしょうか。

異常を感知すると風船のようなものが膨張、バウンドすることで衝撃を緩和します。

 

8

エアバッグ作動時、この画像のようにどの箇所でも5㎝均一の厚みで瞬時にエアバッグが膨張します。

 

1-Sep-15-2023-06-59-40-0459-AM

これはマイクロフィラメントと呼ばれる繊維素材が張り巡らされていることで、形状をキープしたままさらに硬化して鎧のような状態となり、外部からの衝撃からもしっかりと保護します。

もしも硬化せず風船のような柔らかな素材だった場合、とある一部分に大きな衝撃が加わると、空気が他の箇所へ移動してしまいタイトなジャケットの下へ装着していた際には、体側へ衝撃が加わる可能性も御座います。

スマートジャケットは硬化ししかもどの部分でも同じ厚みですので、そのような心配は御座いません。

 

10

背中はバックプロテクター7枚分、胸はチェストプロテクター8枚分と申し文のない衝撃吸収性です。

またプロテクターを使用せずに胴体 (EN 1621-4 Lev. 2) と背部(EN 1621-4 CB Lev. 1)(※) の欧州安全認証を取得しているのはスマートジャケットだけです。

 

・エアバッグの起爆条件

バイク用のエアバッグで連想しやすいのが、エアバッグとバイク本体がワイヤーで繋がれ、ワイヤーにテンションがかかることで作動するものではないでしょうか。

そのような物ですと、エアバッグとバイクが離れず転倒した場合には当然エアバッグは作動しません。

逆にワイヤを繋げてバイクから離れると、必要ない場面での作動といった可能性がございますね。

スマートジャケットは、バイクとの連結不要のワイヤレスシステムです。

ですので上記のような無駄な起爆や、起爆してほしい時にしない…といった心配はありません。

11


2-Oct-08-2023-08-45-29-3397-AM

GPS、 傾斜センサー、速度センサーの合計7つのセンサーが、毎秒1000回ライダーを監視し続けてています。

傾斜センサーはライダーの角度を、速度センサーは急な速度の変化を感知します。

これらのセンサ―があれば、もう充分な気もしますが、GPSが搭載されている事で、更に正確な速度の分析がなされ、本当に危険な状態の時にのみにエアバッグが作動します。

GPSの途切れる場所での使用が気になるところですが、心配ご無用♪

途切れてしまう前の状態がキープされるので、トンネル内などでも気にせずご使用頂けます。

 

IMG_7878

首元のスイッチをいれると赤、青、黄色、緑の順で点灯し電残量の表示後、青で点灯致します。

青点灯の状態はシステムに異常は無い事を意味しますが、この状態ではトラブルが発生しても起爆しません。

 

IMG_7876

エンジンをかける、あるいは10km以上の速度を出せば緑の点灯、アームドに入ります。

アームドとはエアバッグが有事の際には起爆する状態に入るつまり、最も安全な状態です。

またアイドリング中であっても、エンジンの振動を感じる事でアームド状態となります。

 

A-Oct-08-2023-08-41-26-5185-AM

アームドに入ってからは上記のような、トラブル発生時に瞬時にエアバッグが展開します。

ハイサイド
ローサイド(回転を伴う、伴わないかかわらず全て)
アイドリング停車中の360°からの衝突
障害物との正面衝突(45°~135°の範囲でもっとも有効)

 

注目すべき点は停車中であっても、ライダーを守るという事です。

停車中はほとんどのライダーは体を休めており、少なくとも走行中よりは注意力も低下しがち…。

そのようななんの準備もないような状態でのトラブルは、考えただけでもゾッとしますよね。

しかしエンジンの振動を感知さえすればアームドに入り、走行中と同じくライダーを保護し続けます。

電動バイクなど振動の軽微な車両は、反応しない可能性が御座いますので、ご注意下さい。

 

・アフターフォローについて

A (2)

万が一エアバッグが起爆してしまった場合、まずは店頭へお持ちください。

交換料金35,750円(税込)で店頭でエアバッグ交換をさせて頂きます。

交換パーツの在庫状況によっては、数日頂く場合が御座います。

また国内の正規品ではないSMARTJACKETにはご対応をいたしかねます。

 

A (3)

また、エアバッグ交換の際にベストの状態についても、確認させて頂きます。

画像のような破れがあった場合は内部のエアバッグと共に、ベストの交換が必要なケースも御座います。

 

AA

またスマートジャケットにはクリーニングサービスもご用意しております。

使用後は硬く絞ったタオル等で、表面の汚れをふき取って頂ければと思います。

夏場に何度も使用した場合や、汚れが酷い場合などは専門のクリーニングをご利用下さい。

専門スタッフが以下の作業を行います。

・エアバッグ本体の取り外し、およびクリーニング時の電子ユニットの保護
・丹念なベスト本体のクリーニングおよび乾燥
・エアバッグ本体の正しい取り付け、最終のシステムチェックによる動作確認
・必要に応じたファームウェアのアップデート

詳しくは以下をご覧ください。

DAINESE SMART JACKET CARE  ¥11,000(税込)

 

皆様のご来店おまちしております。

Tags: D-air®(エアバッグ), お知らせ, キャンペーン

広島ブログトップへ

最近の記事

 

speeddemon

JOIN THE TEAM

 

 

ダイネーゼ 広島店 Map
733-0036 広島県広島市西区観音新町4-14
TEL.082-533-7182
営業時間 10:00 - 19:00(土日祝 20:00)
定休日 年中無休 (設備点検による臨時休業あり)