AGVヘルメットのお手入れ方法

作成日 2021年1月24日
By 永井(ナガイ)

バイクに乗る際には必ず着用するヘルメット。

お気に入りのグラフィックを着用の方など…
こだわりのあるアイテムの一部ではないでしょうか?

本日は、AGVヘルメットを長く使って頂くための
お手入れ方法をご紹介いたします♪

お手入れのポイントは5つ!

早速、トピックスごとにご紹介して参ります😊

 

1 内装をベストな状態に

IMG20210109174647

クラウンパッドやチークパッドなど
取り外しが可能なものは、低温(最大35℃)で、
優しめの石鹸で洗うことができます。

手洗いが一番おすすめの洗い方にはなりますが、
洗濯機でもネットに入れたり、オシャレ着コースなどを
利用して優しく洗う事もできます。

お洗濯後は熱や直射日光にさらさないように気をつけて、
日陰など屋外でしっかりと乾燥させてください。
ヘルメット内部の湿気を防ぐため、
完全に乾燥してから取り付けを行ってください。

もし内装の取り外しができない場合は、
濡らして固く絞った布による拭き上げを!

お洗濯では落ちない汚れがある場合や、
長期使用による内装のへたりがひどいでは場合は、
内装の交換がお勧めですよ👍

 

2 シェルも磨いてきれいに

IMG20210109174427

シェルを磨く際に必要なのは、
マイクロファイバークロスのような柔らかい布。
ヘルメット用クリーナー等を使用の場合は、

塗装への影響がないか十分にお気をつけ下さいませ。
(目立ちにくい部分に少量、薄く延ばして様子を見るのがお勧めです。)

力を入れすぎてしまうと、ヘルメットの外側の
仕上げを傷つけたり、傷を残したりする
可能性があるので、優しく磨いてくださいね♪

 

3 バイザーもきれいに

IMG20210109175147

何かと汚れが付きやすいバイザー。
2でご紹介したのシェルの磨く工程は
バイザーにも効果的です!

こちらも硬いゴミや付着物が無いか注意して、
傷がつかないように、力を入れすぎないように
磨いてくださいね。

 

4 ティアオフ使用も視野に

KIT60225-999-1

PISTA GP RRやCORSA Rをお使いの方、
ティアオフの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

サーキット場で生まれた
この使い捨て用レンズであるティアオフ。

レース専用の捨てバイザーというイメージが強いですが、
バイザーを保護し、寿命を延ばす効果が期待できます👌

 

5 必要に応じてバイザーの交換も

IMG20210109180947

同じバイザーを長く使っている場合は
交換をお勧めしています。

しっかりとした視界を確保することが、
安全への第一歩に😊

もし湿気の多い日や寒い日に乗る場合は、
ピンロックレンズをつけて頂くと曇り止め効果が高まり、
よりクリアな視界に!

KIT60224-001-1-horz

ピンロックレンズ、スタッフも愛用しています♪
モデルによって、対応のピンロックレンズの種類が
異なりますので、ご購入の際はお気を付けください!

 

今回5つのお手入れポイントを紹介いたしました。
日々のお手入れの参考にして頂けましたら嬉しいです✨

IMG20210109175256
内装やピンロックシート、ティアオフの在庫確認等は、
LINEやお電話でも承っております☎️

お気軽にお申し付け下さいませ。
それでは!

 

Tags: ツーリング, モーターサイクル, AGVヘルメット, レーシング

京都ブログトップへ