ダイネーゼレーシングスーツの象徴的モデルが進化"LAGUNA SECA 5 1PC LEATHER SUIT"

作成日 2020年10月30日
By 世田谷店スタッフ

ダイネーゼレーシングスーツ、"LAGUNA SECA 4"から"LAGUNA SECA 5"へ。

最新の進化形であり人間工学に基づいた構造、シート上での動きの自由度を最大限高めるよう設計されております

そんなダイネーゼの真骨頂とも言えるレーシングレザースーツを本日はご紹介いたします。

LAGUNA SECA 5 1PC LEATHER SUIT

IMG_E5838

腰から脇腹にかけて配置された、3方向へ伸縮性を持たせたシャーリングは、

Tri-Axial システムと3 way stretchレザーインサートにより、

他のレザージャケットと同レベルの耐摩擦性を保持しながらも、広い可動域を実現しました。

ダイネーゼの推奨とする安全性の高いタイトフィットを実現しながらも、

ライディング中の快適性、動きやすさを向上させています。

 

IMG_E5831


スーツサイズ46 モデル身長171 cm 63kg

 

 

 

IMG_E5840

腕にインサートされた、"Arrow XF ファブリック"は、

革の抵抗力と優れた弾力性と摩耗性を兼ね備えた最先端のダイネーゼ素材で、高機動性です。


IMG_E5841

RSS 3.0システムは、幅広のデュアルコンパウンドスライダーを特徴としており、

スーツにしっかりと固定されているが、素早く交換可能。

 

IMG_E5842

ダイネーゼの特徴であり、独占特許でもある金属製のショルダープレートは、

転倒時にライダーが滑るのを助け、危険な転がりのリスクを軽減します。

これはプラスチック素材との決定的な違いであり、

アスファルトにグリップ力があるため、摩耗が早くなります。

IMG_5811

D-Tecレーシングコアの内装は、簡単に取り外して洗濯できるため、新しいレベルの通気性と快適性を保証します。

暑い日のセッションにも最適な通気性を提供します。

IMG_E5843

より正確なバイクのハンドリングを実現するために、膝の内側には革新的なKGIシステムが装着されており、

特殊なインサートが最も確実なグリップ力を発揮し、極端なカーブにも積極的に挑むができます。

 

いかがでしょうか。

ご興味の方はご検討くださいませ。

Tags: モーターサイクル, レザースーツ, プロテクター

世田谷ブログトップへ