AGVヘルメットの正しいフィッティングとサイズ合わせについて

作成日 2021年10月23日
By 山本(ヤマモト)

今回はAGVヘルメットのフィティングと正しいサイズ選びについてご紹介致します。
間違ったサイズのヘルメットを着用すると衝撃を十分に吸収できなかったり、ストラップが正しく固定されていない事からヘルメットのズレが生じ最大限に衝撃を吸収する事ができなくなるため、サイズ選びはとても重要になります。
特に初めてヘルメットをご購入される方は正しいサイズ感で安全にバイクライフを過ごすためにも、サイズ選びのご参考にしてください♪

<正しいサイズ選びについて>

国内正規店で取扱を行なっているAGVヘルメットはアジアンフィットとなっています。
日本人の頭の形にフィットする内装になっていますので、安心してご使用いただけます。

アジアンフィットについて詳しくご紹介してますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください!
⬇︎詳しくはこちらから
AGVヘルメットのアジアンフィットと安全性についてのご紹介

 

17b89b63-14ef-45a0-9baf-0c27ec494fc0-1

まず頭の周囲の正しい測り方として、眉毛の上から後頭部の一番広い部分にメジャーを当てて測定します。
メジャーが斜めの状態や左右に大きくズレて無いことを確認して測定を行ってください。
おすすめは測ってもらう事がより正確な周囲が測定できます。
(店頭にてフィッティングが可能です。)

実際にヘルメットの試着を行なった際にMとLサイズ、LとXLサイズなど、どちらも変わら無いフィット感を感じる場合があります。
その場合はタイトフィットを好まれる方や頭を左右に振った際に大きく動かない程度のフィット感であれば問題はございませんので、着用したフィット感のお好みで選択して頂ければと思います。

<ヘルメットサイズチャート>

サイズ
S
M L XL
頭の周囲 55-56cm 57-58cm 59-60cm 61-62cm

 

 

<フィッティングの違いについて>

AGVヘルメットは全てのモデルが同じフィット感ではなく、モデル別にフィッティングの違いがあります。
フィッティングの違いがよくわかるモデルとしてPISTAモデルとK6モデルです。
PISTAモデルはチークがかなりタイトになっていますが、K6モデルはPISTAと比べてチークの締め付けが少なく感じます。

Screenshot_20211016-101320_Instagram

PISTAモデルはサーキット走行をメインとした構造になっており、公道とは違うスピード感とライディングを行うため、ヘルメットがブレる事なく安定させるためにチークがタイトになっています。

23a19dc2-f9eb-443b-9af5-6cfe0917897d

K6モデルはシティライディングはもちろん、ロングツーリングなどに適しており、公道での使用がメインとなるため、PISTAの様なタイトな構造ではなく程よいフィット感になっています。

31d89f49-8737-45ca-b1de-0ea44b6d3299

サーキット走行やロングツーリング、シティライディングなど、それぞれライディングする環境によって求めるものが異なるため、AGVはあらゆるロードをライディングするライダーのニーズを満たすためにヘルメットの種類が豊富です。

モデルによってフィッティングの違いがございますので、どのタイプのモデルに一番適しているのかも重視してモデルを選択するのもおすすめです。

IMG_0656-1IMG_0657-1FAmZwf-VQAQWrmW

店頭では実際にフィッティングを行い、専門スタッフがサイズ感のご案内を行なっています。
モデル別にフィッティングも異なりますので、お気軽に福岡店へお越し下さいませ。

 

Tags: AGVヘルメット

福岡ブログトップへ

 

speeddemon

JOIN THE TEAM

 

 

ダイネーゼ 福岡店 Map
812-0008 福岡県福岡市博多区東光2-17-23
TEL.092-292-1790
営業時間 10:00 - 19:00
定休日 水曜日 + 第2/4火曜日 (祝日の場合は営業・翌日に振替)