背中のハンプ(コブ)の役割について

作成日 2018年5月25日
By 福岡店スタッフ

今回は背中のハンプ(背中のコブ)についてご紹介です!

みなさん、このハンプの役割はご存知ですか??

 

一番に空力をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

ひとつの役割としてヘルメットから流れる空気を効率よく受け流し、

抵抗を減らすために付いております。

 

しかし、このハンプにはその他にも色々な役割が存在します!

 

もうひとつはヘルメットと背中のギャップをなくすことで、背中から転倒した際の

ヘルメットの衝撃を抑え、鎖骨の骨折等の損傷を軽減してくれる役目がございます。

背中からの転倒やスライドした際、ハンプがあると頭と地面が離れることで、

後頭部の衝撃を軽減する役割があります。

 

もう一つの役割については

レーシングスーツではウォーターバックの収納スペースです。

耐久レースなどに重要な水分補給が可能となりました!

*ウォーターバックはオプションパーツでございます。

 

そして現在DAINESEではD-air(エアバック)の電子制御システムの収納スペース

D-AIR RACING MISANO ESTIVA 300,000 円(本体価格)

 

それぞれのモデルでハンプの役割がたくさんあり、

重要な役目を持っております。

 

レーシングスーツだけなく、ジャケットにもハンプがついているモデルがございます。

MUGELLO LEATHER JACKET 148,000 円(本体価格)

 

 

メッシュジャケットのモデルでも!

SUPER RIDER D-DRY JACKET 67,000 円(本体価格)

 

機能面も非常に重要ですが、

ハンプがあることでスポーティーなイメージになり、

見た目もかっこいいですね♪

 

ご不明な点等ございましたら、

お気軽に店舗までお問い合わせくださいませ。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

Tags: ジャケット, モーターサイクル, レザースーツ, レーシング

福岡ブログトップへ