グローブの進化とFULL METAL 6 GLOVES

作成日 2021年2月7日
By 永井(ナガイ)

ライダーにとって、とても重要な体のパーツである手。

手を保護するグローブは操作性を欠くことなく、
安全性が求めらます。

そんな一見保護するのが難しいグローブ。

本日はグローブの進化と合わせて、
現在販売されている最上級グローブ
「FULL METAL 6 GLOVES」をご紹介いたします♪

 

1990年代、プロのライダーの装備は目まぐるしい変化を遂げていきました。
バックプロテクターやフルフェイスのヘルメットはすぐさま高水準に。

1995-max-biaggi-and-the-new-hand-protectors

グローブはその一方で、当然グローブにはパッドが
入っていたものの、ハードシェルのプロテクションギアが
取り付けられたのはなんと1995年になってから。

 

ラミド繊維とカーボンで作られた複合プレートを内蔵した
これが最初のギアとなりました。

B14_Biaggi_00006

これらのプレートは当初、手の甲と指関節を
保護するために使われ、250ccの世界チャンピオン
マックス・ビアッジの手に合わせて設計されています。

IMG_8271-600x576-4

新しいプロテクションギアは、耐衝撃性と
耐摩耗性において決定的な違いを発揮し、
マックス・ビアッジや同僚のフィードバックを基に、
カーボンファイバーの面が尺骨や指骨まで拡張。

こうしてグローブは手の動きを妨げることなく、
徐々にプロテクション効果を高めていったのです!

 

2000年に入ると、カーボンファイバーに加えて
チタンプレートがグローブに内蔵され、
さらに革新的なプロテクションシステムとなりました。

スクリーンショット 2021-01-16 140320
メタルの導入により、耐摩耗性が向上しただけでなく、
転倒時、手がスライドしやすくなり、衝撃をより軽減させることに。


シームもテクノロジーの恩恵を受け、アラミド繊維を
使用することでアスファルトとの擦れから生じる熱に
耐えられるようになりました。

スクリーンショット 2021-01-11 183920
現在では、プロライダーのグローブは
80もの異なるパーツから構成されており、
レザー、プラスチック、カーボン、チタンなどの
素材を使用することで、プロテクションから
動きやすさまで様々なニーズに対応可能な
非常に手の込んだウェアに仕上がっています♪

 

実はそんなプロライダーのグローブ
皆さんも手にすることができます😆

 

FULL METAL 6 GLOVES ¥66,000(税込)

IMG20210111184923

慣らしがいらないほど柔らかく、
操作性を妨げないにもかかわらず、
しっかりとしたプロテクションで、まさに理想の一点。

手を入れた瞬間、吸い付くような心地よさが特徴です!

b790291e-6171-4df0-ad9c-1c8f14228537-horz

現在4色のカラー展開となっており、バイクや
ウェアに合わせてお選び頂きやすくなっております👍

 

現在、京都店でも展示中でございます。

IMG20210111185020

是非プロライダー着用のFULL METAL 6 GLOVESの
心地よさをご体感下さいませ♪

それでは!

 

Tags: モーターサイクル, グローブ, レーシング, プロテクター

京都ブログトップへ

 

speeddemon

JOIN THE TEAM

 

 

ダイネーゼ 京都店 Map
601-8474 京都府京都市南区南区四ツ塚町85
TEL.075-748-7403
営業時間 10:00 - 19:00
定休日 水曜日 + 第2/4火曜日 (祝日の場合は営業・翌日に振替)