ENERGYCA AIR SHOES、ENERGYCA D-WP SHOESの違いをご紹介

作成日 2021年3月4日
By 埼玉三郷店スタッフ

段々と暖かくなり、ツーリング日和になってきましたね。今回はツーリングシーンで使いやすいライディングシューズのご紹介です。

<ENERGYCA D-WP SHOES / ENERGYCA AIR SHOES>

20210228_130358デザインはどちらも同じでスポーティーな印象のライディングシューズになっております。しかし2足共にトゥスライダーなども無く、街中でも使いやすく、スニーカー感覚で履けるシューズになっております。

20210304_173718

またこれらのアイテムの共通箇所の特徴としましては、アウトソールはどちらもマルチグリップという硬さの異なるソールを使う事により、グリップ性を高めております。また甲も高めに作られており、日本人の足型でも窮屈差を感じづらく履きやすくなっております。

 

それでは、ENERGYCA AIR SHOES、ENERGYCA D-WP SHOES、2種類のシューズを比較をしたいと思います。

1つ目はENERGYCA AIR SHOESのご紹介。

 

NERGYCA AIR SHOES 27,000円(税抜)

20210228_130418

こちらのモデルはパンチングレザー・ベロ部分のメッシュ採用により風通しの良い仕様になっており風が入りやすくまた靴の中の蒸れも逃がしてくれます

またスエード素材で耐久性や高級感もあります。20210228_130615

内装はメッシュ素材でできており、透湿性に優れております。またメッシュ素材なので中の蒸れ、べたつきも無く、これからの季節にピッタリなシューズになります。

その為街中走行からスポーツツーリングなどのシーンにお勧めのモデルかと思います。

 

続きまして、ENERGYCA D-WP SHOESのご紹介です。

ENERGYCA D-WP SHOES 30,000円(税抜)

20210228_130424

こちらは、D-WPという防水性・透湿性に優れた防水フィルムが使われており、これからの梅雨のシーズンや天候が変わりやすい長距離ツーリングにはオススメのシューズで御座います。

 

20210228_130652

先程のENERGYCA AIR SHOESと違い内装はファブリック素材になっており、それにより内側からの擦れや摩擦からメンブレン(防水フィルム)を保護する役割があります。

エアーと比べ防水、防風性に優れている為春先や秋、冬の季節が使いやすいモデルです。

また長距離ツーリング、通勤など季節問わず使用されたい方には最適なアイテムかと思います。

 

似た形状のモデルでも用途や季節に合わせてお選び頂くとより快適にお過ごし頂けるかと思います。

ツーリングする時のライディングギアを使い分けされると今まで以上に快適さや、疲れにくさを実感して頂けるかと思いますので、是非ご自分にあった、使いやすいライディングギアを見つけて頂き、バイクライフをお楽しみ下さい。

 

 

 

Tags: ツーリング, ブーツ&シューズ, モーターサイクル

埼玉三郷ブログトップへ

 

speeddemon

JOIN THE TEAM

 

 

ダイネーゼ 埼玉三郷店 Map
341-0004 埼玉県三郷市上彦名113-1
TEL.048-954-8461
営業時間 10:00 - 19:00
定休日 水曜日 + 第2/4火曜日 (祝日の場合は営業・翌日に振替)