ライダーの身を守るバックプロテクターの魅力と特徴

作成日 2020年12月13日
By 山本(ヤマモト)

今回はジャケットと合わせて購入いただく方も多い、

バックプロテクターについてご紹介致します!

 

ダイネーゼはジャケットにバックプロテクターが標準装備ではなく、

オプションでプロテクターを追加して頂けます。

 

プロテクターもたったの1種類だけでなく、

あらゆるロードに適したモデルやフィット感など、

ライダーのニーズに合わせてお好みのプロテクターを選んで頂けるからです。

 

今から紹介するそれぞれのモデルの特徴を参考に、

自分に合ったプロテクターを探してみてください☆

 

・PRO-SPEED

IMG_7397

コレクションの中でも高い強度と軽さを持つ最新バックプロテクターです。

IMG_7361

一番の特徴としてはプロテクター内部が独自のアルミニウムを用いて独自の構造になっており、

内部のアルミニウムにより衝撃を最大限に吸収してくれます。

IMG_7362

縦や横へライダーの動きに合わせてプロテクターも動き、

快適なライディングを与えてくれます。

PRO-SPEEDは従来のサイズ展開と異なり、3つのサイズがあります。

・G1:44サイズ〜48サイズ

・G2:50サイズ〜52サイズ

・G3:54サイズ以降

 

3つのサイズ感がジャケットに装着した時に最高のフィット感を与えてくれます。

 

・PRO-ARMOR

IMG_7367

唯一のソフトタイプのバックプロテクターであり、

柔軟性や軽さ、快適性に優れたモデルです。

IMG_7368

一番の特徴としては薄くて柔らかく、

装着している感覚もあまり感じ無いほどのフィット感と、

ジャケットを着用した時の見た目も背中が目立つ事なくスマートに着こなす事が可能です。

IMG_7370

そして見た目の通り通気性がどのモデルよりも優れており、

気温の高いライディングでも不快なくご使用して頂けます。

 

 

・MANIS D1

IMG_7373

ロブスターの様なデザインが特徴的で、強度性や伸縮性にとても優れたモデルです。

IMG_7375

IMG_7374

表側は硬く、ハンマーで叩いたとしても丈夫で

背中に接触する内側にはクッション性があり、衝撃を吸収する働きをします。

この異なる2つの素材が表側で障害物から身を守り、

内側はライダーへの衝撃を最大限に抑えてくれています。

IMG_7376

IMG_7379

ロブスターの腹部の様なデザインがライダーへ快適な動きを可能とします。

大きく前後左右に曲げる事ができ、ライディングポジションに合わせて、

柔軟にプロテクターも動く事で最高のライディングを与えてくれます。

 

・WAVE D1

IMG_7381

ハードタイプのプロテクターで、名前の通りにウェーブ状のデザインが特徴的です。

IMG_7384

この凹凸が衝撃を分散させ、ライダーへのダメージを軽減してくれます。

さらに、最新のPRO-SPEEDと変わらない軽さを持っています。

 

また、全てのレディースジャケットに対応してますので、

女性でも安心してご使用して頂けます☆

 

 

・サイズ感について

バックプロテクターのサイズはG1とG2の2種類あり、

44サイズ〜48サイズがG150サイズ以降はG2が推奨とされています。

また、Waveにつきましては、

44〜46サイズがG1、48サイズ以降はG2が推奨とされています。

※PRO-SPEEDはG3までございます。

 

レディースのジャケットは基本的にはG1が対応していますが、

サイズとモデルによって異なる場合がございます。

 

IMG_7394

いかがでしょうか、

どのモデルも欧州安全基準CEを取得しており、

安全性が認められてますので、安心してご使用して頂けます。

 

フィット感など気になる方はぜひ、福岡店へお越し下さいませ♪

Tags: ツーリング, ストリート・ロード, プロテクター

福岡ブログトップへ

 

speeddemon

JOIN THE TEAM

 

 

ダイネーゼ 福岡店 Map
812-0008 福岡県福岡市博多区東光2-17-23
TEL.092-292-1790
営業時間 10:00 - 19:00
定休日 水曜日 + 第2/4火曜日 (祝日の場合は営業・翌日に振替)